概要

Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 鳥取では、小型ボードコンピューター Raspberry Pi 3 を使って、JavaScript によるハードウェアの制御を 2 日間のハンズオン形式で学び、その 3 週間後に学んだ技術を活用し、モノづくりを伴ったハッカソンを行います。

前半日程のハンズオン講習会では、電波リテラシーを含む IoT の基礎知識に関する講義の後、Raspberry Pi 3 上に構築された IoT プログラミング環境 CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を教材に、各自サンプルプログラムを触りながら、実際にネットと接続したセンサーやアクチュエータ (モータなど) の制御をハンズオン形式の講習会で学びます。また、ハッカソン作品テーマ検討に向けての通地域課題をテーマにしたアイデアワークショップも行います。

後半のハッカソンでは、ハンズオン講習で学んだ技術を活かして IoT 作品をチーム毎に制作し、その成果を競います。チーム結成からハッカソンまでの準備期間は約 3 週間。その間にメンバーと相談して作品制作に必要な材料を調達していただきます。また、ハッカソンの作品制作にかかる材料費も 1 チームにつき最大 20,000 円まで補助があります。

ハッカソンで最優秀作品に選ばれたチームには、2019 年 3 月 (予定) に東京で開催されるスマート IoT 推進フォーラム総会での作品展示へご招待!

「Web を触ったり、ちょっとしたプログラミングならやったことがあるけれど、Raspberry Pi は触ったことがない…」という方、「ボードコンピューターで IoT を学びたい…!」」といった方などに特にオススメのスキルアップイベントです。

ハッカソンに参加してみたいけれど自分のスキルが少々不安…という初めての方はもちろん、昨年参加して今年もぜひチャレンジしたい!という方もぜひご参加ください。(2 回目参加の方はハンズオン講習会時、先輩参加者として、近くにいる初めて参加の方のお手伝いなどをお願いする場合がありますのであらかじめご了承ください。)

Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 鳥取 開催概要

日程/会場 ハンズオン講習会
ハッカソン
主催 総務省中国総合通信局
Web×IoT メイカーズチャレンジ 鳥取運営委員会
特別協力 鳥取大学工学部 ものづくり教育実践センター
協力 鳥取県鳥取大学米子工業高等専門学校青翔開智中学校 高等学校鳥取城北高等学校、 中国地域 ICT 産学官連携フォーラム、 KDDI 株式会社CHIRIMEN Open Hardware
後援 スマート IoT 推進フォーラムとっとり IoT 推進ラボ
運営事務局 一般社団法人 WebDINO Japan
お問い合わせ先: info-webiot-tottori@webdino.org

告知チラシ (1 MB PDF)

2017 年度 (Web×IoT メイカーズチャレンジ 2017 in 鳥取) の開催報告はこちら

申し込み

詳細・お申し込みはこちら (Connpass サイトへ移動します)