概要

昨年度より各地で開催している Web×IoT メイカーズチャレンジを、今年度は東京でも開催いたします。小型ボードコンピューター Raspberry Pi 3 を使って、JavaScript によるハードウェアの制御を 2 日間のハンズオン形式の講習会で学び、3 週間の準備期間を経て、学んだ技術を活用し、モノづくりを伴ったハッカソンを行います。

前半 2/9 – 10 のハンズオン講習会では、電波リテラシーを含む IoT の基礎知識に関する講義の後、Raspberry Pi 3 上に構築された IoT プログラミング環境 CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を教材に、各自サンプルプログラムを触りながら、実際にネットと接続したセンサーやアクチュエータ (モータなど) の制御を学びます。その後、ハッカソンに向けてのチーム分けを行い、ハッカソン作品のテーマ検討を行うアイデアワークショップやチームの作戦タイムを設けます。

後半 3/2 – 3 のハッカソンでは、ハンズオン講習で学んだ技術を活かして IoT 作品をチーム毎に制作し、その成果を競います。チーム結成からハッカソンまでの準備期間は 3 週間! その間にメンバーと相談して作品制作に必要な材料を調達していただきます。また、ハッカソンの作品制作にかかる材料費も 1 チームにつき最大 25,000 円 (税込) まで補助があります。

東京会場では、30 才未満の方を対象にした「一般参加枠」の他に、若干名ではありますが年齢制限のない「チューター枠」を設けています。チューター枠の応募資格は、CHIRIMEN for Raspberry Pi 3 を試した経験をお持ちの方になります。ハンズオン講習会では一般参加枠の方のチューターサポートをお願いしますが、3/2 – 3 のハッカソンでは、参加者と一緒にチームを組んでメンバーとして作品制作に参加いただきます。詳しい応募条件等は Connpass ページ (お申し込みサイト) をご確認ください。

ハッカソンで最優秀作品に選ばれたチームには、2019 年 3 月 8 日に東京で開催されるスマート IoT 推進フォーラム総会での作品展示の機会提供があります。

本イベントでは、腕自慢が多く集まる一般的なハッカソンとは違い、講習会やハッカソンを学びの機会として活用いただくことを目指しています。ハッカソンに参加してみたいけれど自分のスキルが少々不安…という初めての方はもちろん、「Web を触ったり、ちょっとしたプログラミングならやったことがあるけれど、Raspberry Pi は触ったことがない…」という方、「ボードコンピューターで IoT を学びたい…!」といった方などにもオススメのスキルアップイベントです。

Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 東京 開催概要

日程/会場 ハンズオン講習会
KDDI DIGITAL GATE (虎ノ門) 周辺地図
ハッカソン
KDDI DIGITAL GATE (虎ノ門) 周辺地図
主催 総務省
Web×IoT メイカーズチャレンジ実行委員会
協力 一般社団法人 WebDINO JapanKDDI 株式会社株式会社ブール・ジャパン株式会社三菱総合研究所
後援 スマート IoT 推進フォーラム
お問い合わせ 株式会社三菱総合研究所一般社団法人 WebDINO Japan
info-webiot-tokyo@webdino.org

告知チラシ (1 MB PDF)

申し込み

詳細・お申し込みはこちら (Connpass サイトへ移動します)