ハンズオン講習会

ハンズオン講習会は、仙台市内の NTT ドコモ東北支社で開催。午前に行った座学講習では、全国共通のテキストを用い、会場に集まった宮城、岩手の学生のほか、インターネット中継をつないだ秋田のサテライト会場の受講者に向けて、市川電産の市川博之氏が講師となり、氏の実践経験も踏まえつつ、IoT の基礎知識や電波、セキュリティなどについての解説を行った。

午後に行ったハンズオンでは、株式会社 Gclue (会津若松市) の佐々木陽氏が講師を務め、IoT プロトタイピングツール「FaBo」の開発ハンズオンを実施。FaBo をA rduino やAndroid スマートフォンと接続させ、Web 技術を使ったプログラミングによるセンサ類の制御とインターネットとの連携なども扱い、佐々木氏や、座学講習講師の市川氏、アイデアソンファシリテーターの國枝氏もチューターとなり、受講生へ熱心な指導を行った。

座学講習の様子
座学講習の様子
座学講習を受ける秋田サテライトの様子
ハンズオン講習の様子
アイデアソンの様子

ハッカソン

初日の午前中に、座学講習のアイデアソンで得たアイデアをブラッシュアップするためのワークを実施。エイチタス株式会社の原氏がファシリテーターを務め、「だれかとスポーツを楽しむための IoT ツール」というお題に沿った IoT 活用のアイデアを考え、チームでのアイデアづくりと仕様策定をサポートした。

初日の午後から、事前に分けられたチームで開発へ着手。数百個単位で用意された FaBo のモジュールを自由に活用できたほか、事務局から材料費のサポート (1 チーム 25,000 円まで) も行い、参加者は市内のパーツ店や 100 円ショップなどでも部材を調達。開発とあわせ、実装するハードの模型づくりにもチャレンジした。講師・チューター陣からも、アイデアの実装に向けた技術的なアドバイスを積極的に行い、各チームの動きを支援した。

2 日目は、実装が進むにあたり、佐々木氏からは限られた時間内での実装、開発方法についての指導があり、市川氏からもチームでの動き方や成果発表のプレゼンのポイントなどのきめ細やかなアドバイスがあった。

成果発表会では、開発したプロトタイプの概要説明のほか、デモを必須とし、ユーザが体験する価値やその IoT ツールで世界をどのように変えることができるのかという将来像のプレゼンも行う形とした。審査員には、仙台・宮城で若者の人材育成に熱心な地元に根ざす IT 企業大手やベンチャー、団体等のキーパーソンを迎えた。

表彰式では、最優秀賞 1 チームを表彰。最優秀賞のチームには、「スマート IoT 推進フォーラム総会」(東京) での作品展示招待のほか、Global Lab SENDAI 主催の東北最大級のアプリコンテスト「DATEAPPS!2019」IT コンテスト部門への出場権を授与した。その後交流会を開催し、審査員や講師、チューターや参加者間の交流が図られた。

参加チームおよび作品概要

Team A 妖怪大戦争

作品名:盛り上がり度の定量化による視覚的な影響や一体感の増加

スポーツ観戦で盛り上がる瞬間を、音量センサで歓声から検知し、さまざまなデバイスがリアルタイムに同時動作する。

Team B We love U

作品名:マット運動? つまらないよね

マット運動の体の動きをセンシングし、体の部位や関節の動きを分析。それを画面に表示させることで、正しい動き方を指導することができる。

Team C PULSE

作品名:みんなの心拍数

静かに観戦するスポーツでの観客の盛り上がりを、心拍センサから観戦者の心拍数を取得することで計測し、可視化する。

Team D カロリー旅団 (最優秀賞)

作品名:カロリークエスト

ウェストポーチに入れた加速度センサの情報からカロリー消費量を計算して、設定したカロリーを消費すると宝箱に入れたものが入手できる。

Team E 角周波

作品名:パンドラの箱

コインを投入してスポーツでの対戦の勝敗を予想。試合結果をWebから取得し、予想が当たればコインが戻り、外れると自動的に貯金される。

Team F fisherman

作品名:無題

スタジアムで観客のスマホに単色の画像を送付し、全員でかざすと巨大な画が浮かぶ。グッズを持たない初心者でも周囲の観客と観戦を楽しめる。

Web×IoT メイカーズチャレンジ 2018-19 in 仙台 開催概要

日程/会場 ハンズオン講習会
NTT ドコモ東北支社
ハッカソン
NTT ドコモ東北支社
主催 総務省東北総合通信局
Web×IoT メイカーズチャレンジ 仙台運営委員会
特別協力 Global Lab SENDAI
協力 株式会社 NTT ドコモ仙台市国立研究開発法人情報通信研究機構東北大学電気通信研究所仙台高等専門学校
後援 スマート IoT 推進フォーラム
運営事務局 エイチタス株式会社
お問い合わせ先: event/atmark/htus.jp
※ スパムメール対策のため「@」を「/atmark/」と表示しています。送信の際は「@」に変更してください。

告知チラシ (1 MB PDF)

2017 年度 (Web×IoT メイカーズチャレンジ 2017 in 仙台) の開催報告はこちら

申し込み

詳細はこちら (Connpass サイトへ移動します)